サロン美足のご紹介 ブログ

外反母趾について

2016/11/10

親指の付け根が痛い

ヒールを履いていたから外反母趾になったと思っている方は多いと思います。しかし原因の多くは開帳足。

開帳足とは、足の筋肉が弱ってしまい、骨と骨をつなぐ力が不足したため足の幅が広がってしまった状態です。

足は本来アーチと呼ばれる衝撃吸収構造をしています。その構造が崩れてしまうと足の変形が進行します。

hashi
足のアーチ

※アーチとは橋のように上から圧力がかかってもつぶれない構造のこと。
※衝撃吸収構造とは、足と地面が接するときにおこる振動が脳に直接伝わらないように衝撃を和らげる構造が足に備わっているということ。

gaihan
・初期は親指の付け根が痛い
・次第に親指が中指側に曲がってくる
・付け根の骨が出っ張ってくる
・中度は親指の第一関節から外側にねじれてくる
・重度は外側への捻じれが大きくなり、第二指の下に重なる
・外反の角度が以上に大きくなる
・進行し第二指がハンマーの形状になる

足の指、足首を上手く動かせていないと日々の動きの中で足の筋力が低下していきます。

当サロンでは、まず足の状態や靴、歩き方からその状態になぜなったのか根本原因を探ります。

靴を整え、歩き方を徹底的に直そうしなければ足にいくら装具をつけたり、手術をしても、
再発する可能性もあるのです。

当サロンでは自分では分からなかった根本原因を見直して足指の付け根が痛くならない足づくりをしていきます。

 
 
 
サロン美足トップへ戻る

-サロン美足のご紹介, ブログ
-,