ブログ

パンプスの踵カパカパ対策

2017/10/17

100均アイテムで出来るカカト脱げ対策

パンプスがカパカパすると体に良くない理由

パンプスがパカパカしてカカトが脱げている方、沢山たくさん見かけるという話をよくします。それがどういう状態になっているのか、ご本人はあまりわかっていないですよね。足に相当良くないのですが、なぜそうなのか知らないから靴をファッションだけで選び履いているのです。

先日参加したランチ会で、
シューフィット神戸屋の西村先生が分かり易く解説して下さいました!

紙コップでたとえ話

大きい紙コップが靴、そして中の小さい紙コップが足、この大きな紙コップの中で足がぐるぐる動いているんだというたとえ話です。このカパカパが歩くと結構激しくぶつかるわけです!そうするとぶつかった衝撃で紙コップは変形していきます。

 

ボコボコ道や階段、歩き方が変だったりするとドンドン歪みます。これが足と靴がフィットしていないと足も靴も変形するという状態です。

 

もし、この紙コップを一か所セロテープでくっつけたらどうでしょう?グラグラ動かずに一緒に動きますね。お互いが一体になると、コップの中身が動くときに余計な動きをしていたのも無くなります。セロハンテープは靴ひも。もしくはパンプスの甲ベルトそれとインソールになります。

足と靴をフィットさせれば、疲れにくくなり、足の変形が止まるということです。

靴が合わない、かかとが脱げる|サロン美足

化粧スポンジの対策はあくまで緊急の場合ですね。全部の靴が出来るわけではありません。

買ったはいいけど履かない靴!

「この靴はカカトが脱げて履きにくい!」でも捨てられない。なぜなら、デザインが気に入っているから。

そんなお蔵入りの靴でもカカトが少し抜ける、少し前すべりするというなんとか調整できないか?ということであればインソールで調整は可能です。

※靴の構造上オススメできない靴の場合は除きます。

 

市販インソールの合わせ方はコースレッスン内でお伝えしているのですが、ブーツのインソールは講習会でお伝えしております。

 

平成29年度

ブーツだからこそインソール講習会のご案内

 

一度聴いたらずっと使える内容です。足は100人100様ですので実際に見て、聴いて、やってみてくださいね。

 

美足トップへ戻る

-ブログ
-,